新着情報

今朝違う愛犬がなくなりました・・・・

新着情報

ちょうど一か月前1匹死んだんですが、

今朝がた15歳の雌が亡くなりました・・・

この犬はいろいろ病気を持っていたので心配していたのですが

この一週間で体調が崩れ最後は食べることもできず

水を飲んでも吐くだけで血便は出てくる状態になり

最後はたぶん栄養失調で亡くなったと思いますが

私は前回病院へ連れて行って後悔しているので

今回は連れて行かずだめなら仕方がないと思っていました

この犬もなぜか最後に私の横で死んでいました。

すごくかわいい顔で死んでいました。

歯がなかったので下は出ているのですが

前の時と同じようにかわいい目をして死んでいました

病院へ連れて行かなくても私は全然後悔しておりません

病院より手当・・・

手当とは体をさすったりすることによりリラックスさせ

苦痛を緩和させることです

人間とは違い動物は痛み止めや麻酔もなくしんどいままで

最期を迎えます。

そこで必要なのが手当という愛情しかないと私は思います

自分としてはやることはやったという感じですっきりしています

病院が最善のの選択ではないと思います。

老衰で死ぬときはこちらがはっきりとわかる

それを少しでも長生きさせるため

点滴することが最善ではないと思います

みため元気な体の状態で送るほうがすごくいいです

今回学んだこと・・・・

1・人間でも動物でも疾患を予防するため最善を尽くす

2・痛みつらさを緩和させるためには愛情が一番大切である

これは自分自身のケアーにも言えることです

自分自身の体にも大きな愛情をあたえましょう

そうすれば、

自分に対して体に悪いことはしたくなると思います。

最後に・・・

わが愛犬に・・・

15年間よくがんばった!尊敬に値する人生でした(´・ω・`)

  • オステオパシー
  • ダイアティクスオーディティング
  • コウケントー光線療法

院長の施術ブログ

痛みとストレスを解放する
役立つ情報が満載!
読めば、あなたの生活が快適になるかも?

  • よくある症状例

新着情報一覧

まずはお電話ください

sd-tel

平日 8:30~18:00 不定休inq

〒605-0846
京都府京都市東山区五条橋東
6-583-23

アクセス
ページの先頭へ